食と文化のコミュニティサロン
by Sumi Asahi
カテゴリ
全体
ご案内
料理教室
スリランカ
カルチャー
レシピ

お菓子作り
パーティ
お問い合わせ
その他
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
お気に入りブログ
BasketにWineを...
最新のコメント
タネ食べてみます
by myfctry_r82 at 06:35
> sanaeさん お..
by sumiasahi at 09:57
ご参加、ありがとうござい..
by sumiasahi at 10:51
どれも素晴らしい♪ライム..
by Sanae at 21:02
> Sanae Mさん ..
by sumiasahi at 16:42
素敵なblog開設おめで..
by Sanae M at 16:53
メモ帳
最新のトラックバック
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
マリンバの魅力とマリンバ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
11月のスリランカ料理教室の..
at 2018-11-01 09:15
驚きのシンプル美味料理!中央..
at 2018-10-18 12:33
ブラジリアンナイトのお誘い
at 2018-10-17 14:52
パン作りにはまってます♡
at 2018-10-02 16:51
Ceylon Tea Sem..
at 2018-09-27 12:19
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブルターニュ料理教室 <2>

知っているつもりで、意外と知らないフランス料理。新しい発見がいろいろありました。当日作ったメニューをご紹介しましょう。

c0366192_17003937.jpg
アントレ entréeは、アボカドとエビのカクテルソース Avocats au crevettes sauce cocktail と、卵のミモザ風 Œufs mimosa。フランス料理はやはりソースが大切。マヨネーズやペシャメルソースは、日本でも自分で作ることがありますが、本場の作り方はちょっと違っていました。

c0366192_17022930.jpg
メイン plat principalも、仔牛肉のロティ Rôti de Veau、海の幸のグラタン Gratin de Fruits de Mer2種類を作りました。

c0366192_17014803.jpg

仔牛肉は、塊を1時間程、じっくり煮込みます。

c0366192_17034397.jpg

仔牛肉は近所のスーパーや肉屋さんでは手に入らず、ネットショップでも殆どがカットしたものばかりでしたが、ようやく2kgの塊を入手できました。高かったけど、とてもやわらかくて美味しかった!

c0366192_17382873.jpg

ムール貝はフランスのものが手に入らなかったので、チリ産でした。フランスのムール貝はもっと小粒だそうです。

c0366192_17042233.jpg

ムール貝、ホタテ貝柱、海老、生鮭を白ワインで蒸して出た汁をペシャメルソースに使うので、魚介の美味しさを丸ごと味わえます。


c0366192_17064783.jpg

デザート dessertは、塩キャラメルソースとグロゼイユのソースをかけたアイスクリーム Sauce caramel salée et sauceaux groseilles blanchesと、ガトーブルトン。塩キャラメルソースを世界で初めて作ったのはブルターニュの菓子職人アンリ・ルルー。

c0366192_17072301.jpg

ブルターニュ地方の伝統的な焼き菓子、ガトーブルトン。中にプルーンが入ったものと、フランボワーズが入った2種類を、八千代さんが持ってきてくれました。表面はさくっとした食感で中はしっとり。程よい甘さが美味しかった!

c0366192_17222978.jpg

フランスのほとんどの家庭では、必ずアントレ、メイン、デザートを用意し、家族そろって食べるのが習慣。料理は一度にテーブルに並べず、アントレを食べ終わって、そのお皿を下げてから、メインを別のお皿に盛って食べる。デザートも必ず食べるし、チーズも食後に食べることが多いそうです。家族と一緒に、ゆったりと食事の時間を楽しむって、素敵ですね。

★★★ 次回のお教室は、731日(金)に開催するアメリカ南部料理。まだお申込み受付中です!!数あるアメリカの地方料理の中で最高に洗練されているとも言われるクレオール料理から1品、フランス風田舎料理ケイジャンから1品を中心に教えていただきます。








[PR]
by sumiasahi | 2015-07-24 15:43 | 料理教室 | Comments(0)
<< アメリカ南部料理教室 開催しました ブルターニュ料理教室開催しました >>