食と文化のコミュニティサロン
by Sumi Asahi
カテゴリ
全体
ご案内
料理教室
スリランカ
カルチャー

お菓子作り
パーティ
お問い合わせ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
お気に入りブログ
BasketにWineを...
最新のコメント
> sanaeさん お..
by sumiasahi at 09:57
ご参加、ありがとうござい..
by sumiasahi at 10:51
どれも素晴らしい♪ライム..
by Sanae at 21:02
> Sanae Mさん ..
by sumiasahi at 16:42
素敵なblog開設おめで..
by Sanae M at 16:53
メモ帳
最新のトラックバック
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
マリンバの魅力とマリンバ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
真夏にぴったりのスリランカ料..
at 2017-07-21 13:36
タヒチ料理教室を開催しました
at 2017-07-19 15:23
タイ家庭料理教室 開催しました
at 2017-06-29 16:54
タヒチ料理教室 開催のお知らせ
at 2017-06-20 16:29
スリランカの家庭料理教室(5..
at 2017-05-30 16:11
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:イタリア料理 ( 4 ) タグの人気記事

イタリア料理教室 開催しました!

約30年にもおよぶイタリア滞在から一昨年に帰国されたイタリア料理の達人、金子尚美さんを講師にお迎えし、オリーブオイルを活かしたイタリア家庭料理を教えていただきました。

c0366192_16431573.jpg
イタリア料理に欠かせないオリーブオイル。イタリアでは3000年前からオリーブオイルが人々の生活にとけこんでいて、料理にはもちろん、赤ちゃんの離乳食や、病後の栄養食として欠かせない存在です。良質な脂質であるエキストラバージンオリーブオイルは赤ワインと並んで最高の自然健康食品と言われており、心臓疾患やメタボリック症候群のリスクを減らす効果もあり、 美味しくてヘルシーな「自然からの贈り物」です。
c0366192_16375472.jpg
今回、尚美さんの友人でトスカーナ エトスカーナを経営する栗木雅史さんに最高級のオリーブオイルを提供していただき、6種類の上質なエキストラバージンオリーブオイルのテイスティングもさせていただきました。

*前菜*
トマトのみのシンプルブルスケッタ
Bruschetta
c0366192_16393021.jpg
パテをぬる場合はバケットを薄く切りますが、ごろっとしたチェリートマトをのせるので、1.5cm~2cmぐらいの厚みが必要。バケットは油をひかずにテフロンのフライパンで温めます。トースターで焼くよりも、外側がカリッと、中はふかふかになり、このふかふか部分にしみ込んだオリーブオイルが美味!

*プリモ*
マンマ・モニカのパスタ
PASTA ALLA MAMMA MONICA - Spaghetti con olive ecapperi -
c0366192_16392541.jpg
栗木さんの奥様直伝のパスタ。みじん切にしたグリーンオリーブとケッパーの塩漬けをオリーブオイルで和えたソースをパスタと混ぜ合わせただけと、とっても簡単なのに、とっても美味しい!

カルトッチョ
PASTA CALAMARATA AL CARTOCCIO
c0366192_16391225.jpg
カラマラータとイカの紙包みパスタ。カラマータはイカを輪切りにした形のパスタですが、あまり売っていないので、ペンネ・リガータやパッケリ、もしくはディチェコの太いNo.12かリングイーネ等の茹で時間が長めのしっかりしたパスタでもOK。
c0366192_16374671.jpg
c0366192_16390379.jpg
クッキングペーパーで包んでオーブンで焼くので、ゆで時間は指定よりも3~4分短く。
c0366192_16385707.jpg
頂く時にオリーブオイルをかけると、さらに美味しさが増します。お皿にもったら、写真を撮るのも忘れて完食してしまいました!みんな大好き!

*セコンド*
白身魚の塩釜焼き
PESCE ALLE ERBE IN CROSTA DI SALE
c0366192_16381091.jpg
イタリアのママたちの手抜きお魚料理だそうだけれど、結構手が込んでいます。魚は塩とすりおろしたレモンの皮と細かく刻んだハーブ類を混ぜ込んだ塩メレンゲで覆います。
c0366192_16384748.jpg
魚の開いたお腹にもレモンの皮と細かく刻んだハーブ類を詰めておきます。
c0366192_16384086.jpg
c0366192_16383316.jpg
今回は大人数だったので、オーブンだけでは間に合わず、ガスレンジのグリルとオーブントースターの3か所で焼き上げましたが、昼のクラスはグリル、夜のクラスはオーブントースターが美味しく出来上りました!
c0366192_16381702.jpg
レモンがない場合は夏ミカンや柚子でもOK。ハーブ類は今回はセージ、イタリアンパセリ、ローレル、ローズマリーを使いましたが、お好きなハーブ、何でもOKです!
c0366192_16372468.jpg
付け合わせのお野菜は尚美さんが葉山で仕入れてきて下さったフィノッキオ。英語だとフェンネル、日本語はういきょう。日本ではまだあまり馴染みがありませんが、ヨーロッパではポピュラーな野菜の一つです。茎の部分はセロリのような食感でちょっと癖のある味です。針のような葉の部分はハーブとしてサラダやスープに使ったり、種は香辛料としてカレーに使いますし、化粧品にも利用されるそうです。
c0366192_16391922.jpg
白く膨らんだ根元部分は、細くスライスして電子レンジで少し温めて、オリーブオイルと塩をかけて、柔らかい芯の部分は細くスライスして生でいただきました。大好き!

*ドルチェ*
チャンベッラ トスカーナ風
Ciambella
c0366192_16380207.jpg
栗木さんの奥様のモニカさんのお母様のレシピで作った素朴な味のイタリア伝統菓子。地域や家庭によって様々な作り方があり、ドーナツのような形に作る地域もあるそうです。

限定生産 120 本の“O di Olio
c0366192_16373726.jpg
フィレンツェ在住でイタリア政府公認オリーブオイル鑑定士
の栗木さん自慢の日本初上陸、トスカーナ産“O di Olio”2016年秋収穫エキストラバージンオリーブオイル)は、JOOP国際オリーブオイル・コンテストでダブル優勝の最高グレードオイルを独自にブレンドして生まれた、オリジナルブレンドの希少オイル。こんなに美味しいオリーブオイルを経験したら、他のオリーブオイルが使えなくなっちゃう。。。

c0366192_16372981.jpg
ワインはお手頃価格で尚美さん最近のお気に入り。Feudo ArancioGRILLOINZOLIAの白ワイン2種類。
c0366192_16393743.jpg
Omi-chan, grazie mille!


[PR]
by sumiasahi | 2017-04-21 17:08 | 料理教室 | Comments(0)

イタリア家庭料理教室のご案内

4月は、約30年にもおよぶイタリア滞在から一昨年に帰国されたイタリア料理の達人、金子尚美さんを講師にお迎えしオリーブオイルを活かしたイタリア家庭料理を教えていただきます。
イタリア人も太鼓判を押す尚美さんの美味しいお料理の秘訣を一緒に教えていただきませんか?

日時:
昼のクラス 4月18日(火)11001400
夜のクラス 4月18日(火)18302130
講師:金子尚美
場所:Al Salone di Sumi
会費 : 6000
*エプロンを持参してください。

<メニュー>

前菜
ブルスケッタ
プリモ
マンマ・モニカのパスタ
(グリーンオリーブとケッパーの塩漬けをベースにした簡単パスタ)

カルトッチヨ(イカとチェリートマトのパスタの紙包み焼き)
セコンド
白身魚の塩釜焼き(イタリアのママたちの手抜きお魚料理)
春野菜の付け合わせ
鎌倉/葉山のその日のお野菜
ドルチェ
チャンベッラ(トスカーナのマンマの焼き菓子)
イタリアの白ワイン

*当日は、尚美さんお薦めのオリーブオイルのテイスティングも行いますので、お楽しみに。

皆さまのご参加をお待ちしています!


[PR]
by sumiasahi | 2017-04-03 17:23 | ご案内 | Comments(0)

アンティパストからドルチェまで、しっかりフルコースで堪能!

ANTIPASTIO
INSALATADI CATARI マンマ カタリのサラダ

c0366192_15354799.jpg

尚美さんが26年間暮らしていたヴィジェヴァノで親しくしていたマンマカタリから教わったサラダ。新鮮なセロリとナッツをたっぷり使います。ピーナッツは味が強すぎるので、ピーナッツなしの塩味のついていないミックスナッツを使い、クルミは沢山入れた方が美味しい!頂く時にパルミジャーノを上にかけます。セロリが苦手な方はカリフラワーでもOK!

         AFFETTATOMISTO
ハムの盛り合わせ

c0366192_15361948.jpg

サラミミラネーゼやサラミウンゲレーゼなど細かく脂肪が入っているサラミは、軽く炒った松の実と一緒に食べると美味しさが増します。イタリアではベーコンも生で食べます。新鮮なベーコンが手に入ったら、ぜひお試しを。

              *PRIMO
   SPAGHETTIALLA CATARI マンマ カタリのアンチョビパスタ

c0366192_15360917.jpg

以前、尚美さん宅でご馳走になり、感動したパスタ。早く食べたくて、写真を撮るのを忘れました。ごめんなさい!何回も食べたことのあるシンプルなパスタなのに、今までの味と全然違う!今回も感動!でした!

パスタはDe Cecco。作ってから少し時間が経ってしまっても、へなへなにならずに美味しくいただけるパスタだそうです。アンチョビバスタには、必ずちょっと太めのDe Cecco No.12

PASTACON CARCIOFI アーティチョークのパスタ

c0366192_15352569.jpg
日本でも最近時々見かけるようになったアーティチョーク。イタリア語ではカルチョッフィです。
c0366192_15483195.jpg

今回は瓶詰を使いましたが、生が手に入ったらサラダにしてください。アーティチョークの代わりにささがきにしたゴボウを使っても美味しいそうです。


SECONDO

POLPETTINEひき肉とチーズの揚げ団子

c0366192_15361438.jpg

これは尚美さんの創作料理。鶏胸肉をミンチにして使います。鶏胸肉は冷めても臭みが出ないので、パーティ料理に向いていると考え付いたそうです。お団子につけるパン粉はフードプロセッサーにかけてさらに細かくするのが決め手です!


PARMIGIANAVELOCE DI ZUCCHINI

ズッキーニとパルミジャーノのオーブン焼き

c0366192_15355827.jpg
モッツアレラとパミジャーノの2種類のチーズを使います。ズッキーニの代わりに茄子を使っても美味しいけど、フニャフニャになってしまう茄子と比べて、ズッキーニのしっかりした食感はいい感じでした。
c0366192_15360311.jpg

トマトはこのブランドがお薦めです。

INSALATAITALIANA イタリアンサラダ

c0366192_15353652.jpg
その日に手に入る新鮮な野菜を使ったサラダはドレッシングが決め手!

c0366192_15354194.jpg
お皿の上でオリーブオイル、塩、バルサミコ酢をフォークとスプーンで混ぜ合わせるドレッシングの作り方が重要です! ミラノのそばの中世の街ベルガモのレストランで、スタッフがこのやり方で作ったトロンとしたドレッシングがとても美味しかったので、その後、尚美さんはドレッシング作りはこの方法!と決めているそうです。
c0366192_16414377.jpg
特別な日でない限り、イタリア人はお金持ちであっても、日常飲むワインはテーブルワインだそうです。当日選んだのは、シチリアのCORVO(赤ワイン)、カルペネ マルヴォルティ(プロセッコ)、San Benedetto(炭酸入りのお水)。Dolceの写真は撮れませんでした。ごめんなさい!



[PR]
by sumiasahi | 2015-11-18 16:17 | 料理教室 | Comments(0)

マンマのイタリア料理教室 開催しました

c0366192_16404135.jpg
約30年間のイタリア滞在から昨年帰国された金子尚美さんを講師にお迎えしたイタリア家庭料理教室も大好評でした。イタリア北部のVigevanoで暮らしていた時に近所のマンマから習った家庭料理、尚美さんが試行錯誤してアレンジしたお料理などなど、食べることが大好きなイタリア人の食へのこだわりが伝わってきました。
c0366192_16410006.jpg
イタリアで使っていたお気に入りの食材や調味料は、日本ではとても高額だったり、手に入らないものも多いため、尚美さんは、お気に入りのものに味が近く、しかもお手頃価格の食材を帰国以来探し回っているそうです。
c0366192_16533362.jpg
パスタを茹でる時に使うお塩はシチリアの粗塩(写真右)。カルディで入手可能です。1g 340円。日本のお塩をいろいろ試したけど、何故か美味しく茹でられず、パスタはやはりイタリアの海の塩でなければ駄目だと分かったそうです。初めて彼女のパスタを食べた時に感動したのは、このお塩の力も大きかった!!写真の左はお薦めのバルサミコ酢。これはいろんなお店で入手可能。
c0366192_16533708.jpg
尚美さんがサラダなどに使うお塩はこれ。なんとスリランカの塩田で作られたものです。これはOKストアで購入できます。1kg 120円と安いのに、まろやかでとっても美味しいお塩です。ぜひ試してみてください。http://www.sanaifoods.co.jp/be_sh0.php?mm=5 
c0366192_16410539.jpg
尚美さんが選んだ当日の食材いろいろ。
c0366192_16411228.jpg

当日のメニュー:
ANTIPASTIO

INSALATADI CATARI マンマ カタリのサラダ

AFFETTATOMISTO ハムの盛り合わせ

PRIMO

SPAGHETTIALLA CATARI マンマ カタリのアンチョビパスタ

PASTACON CARCIOFI アーティチョークのパスタ

SECONDO

POLPETTINEひき肉とチーズの揚げ団子

PARMIGIANAVELOCE DI ZUCCHINI ズッキーニとパルミジャーノのオーブン焼き

INSALATA ITALIANA イタリアンサラダ 

DOLCE

AFFOGATOAL CAFFE バニラアイス+エスプレッソ

CIOCCOLATINOTORINESE フレークチョコ
--------------

金子 尚美さんプロフィール

東京生まれ、多摩美術大学大学院卒、元ニットデザイナー/テキスタイルデザイナー。現在は日本での新しい仕事を始める準備中。

1984年から、夫のイタリア駐在の為、ミラノ/フィレンツェ滞在後、26年間 VIGEVANO(イタリア有数の靴の町)に居住。昨年11月に帰国。

(夫君の薫氏はプロダクトデザイナーで靴/バッグ等のデザインを手がけている。VIGEVANO靴博物館にOne-Piece という一枚革を使ったオリジナルシューズがアーカイブに入っている。日本人シューズデザイナーとしてはトキオクマガイに続き二人目)

金子夫妻が暮らしたVIGEVANOの家の窓から見たルネッサンスの面影を残す風景。
--------------
メニューの詳細は次回、ご紹介します。


[PR]
by sumiasahi | 2015-11-17 17:11 | 料理教室 | Comments(0)