食と文化のコミュニティサロン
by Sumi Asahi
カテゴリ
全体
ご案内
料理教室
スリランカ
カルチャー

お菓子作り
パーティ
お問い合わせ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
お気に入りブログ
BasketにWineを...
最新のコメント
> sanaeさん お..
by sumiasahi at 09:57
ご参加、ありがとうござい..
by sumiasahi at 10:51
どれも素晴らしい♪ライム..
by Sanae at 21:02
> Sanae Mさん ..
by sumiasahi at 16:42
素敵なblog開設おめで..
by Sanae M at 16:53
メモ帳
最新のトラックバック
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
マリンバの魅力とマリンバ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
真夏にぴったりのスリランカ料..
at 2017-07-21 13:36
タヒチ料理教室を開催しました
at 2017-07-19 15:23
タイ家庭料理教室 開催しました
at 2017-06-29 16:54
タヒチ料理教室 開催のお知らせ
at 2017-06-20 16:29
スリランカの家庭料理教室(5..
at 2017-05-30 16:11
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ロックを楽しむ会を開催

ロック好きを集めて、ロックを楽しむ会を開催しました。自分が選んできた曲を順番に一曲ずつかけて、大盛り上がりの会でした!!

c0366192_11184884.jpg
参加者は28歳~62歳。60年代からロックを聴き続けてきた私たちの話についてくることができる28歳のロックの知識が凄かった!彼女はLAまでコンサートを観に行くほどトム・ペティの大ファン。ロックの会にはストーンズのコンサート会場で買ったタンクトップ姿で登場。偉い!!

c0366192_11184348.jpg
日常生活では音楽はバックグラウンドミュージックになってるけど、じっくり音楽を聴く時間はこんなに楽しくて心豊かになれるのだと再認識!

c0366192_11192765.jpg
どうせならロックミューシャンが好きな料理を食べながらにしたいと、ネットで散々検索してようやく見つけたのが、ロックスターは何を食べているかというコラム。ローリングストーンズは楽屋に必ずシェパーズ・パイwith HPソースを用意しておくという情報があったので、このパイを中心に料理を用意しました。今回、飲み物はワインにしてしまったけど、次回はジャニスが好きだったサザンコンフォートも用意しようっと!


[PR]
by sumiasahi | 2016-07-26 11:29 | パーティ | Comments(0)

「音楽家たちの食卓」第3回 W.R.ワグナー 開催しました

食文化・料理研究家の中村典子先生による音楽家たちの食卓シリーズ。今回は中期ロマン派を代表するドイツの作曲家リヒャルト・ワグナー。

c0366192_15513780.jpg
ワグナーというと、映画「地獄の黙示録」のヘリコプターの出撃シーンで使われていた「ワルキューレの騎行」の旋律がすぐに浮かびます。タンホイザー、ローエングリーン、トリスタンとイゾルデ、ニーベリングの指輪など素晴らしい作品が沢山ありますね。
ヒットラーが熱烈なワグナーの信奉者だったことは有名ですが、
バイエルン王国の王ルードヴィヒ2世、ニーチェ、ボードレール、トーマス・マンなどもワグネリアン(ワグナーの音楽に心酔している人たち)です。ルードヴィヒ2世の援助により自作上演のために建設したバイロイト祝祭劇場では、現在でも毎年バイロイト音楽祭が開かれ、世界各地から熱心なワグネリアンたちが集まります。
c0366192_16115800.jpg
ワグナーは肉食を嫌い菜食主義だったと言われ特に米を好み、リゾット、ライスサラダやライスプディングがワグナー家の食卓を賑わせていたと伝えられています。また甘いものも大好物だったようです。

        サーモンのパイ包み焼き
c0366192_15514239.jpg
c0366192_15510344.jpg
カーニバルが終わって復活祭までの断食の時期に食べられていた料理。古代から中世の時代は、信者たちはこの期間に肉食を絶たなければならなかった。ほうれん草で魚が隠されて見えないから神様にも見つからないだろうと、空腹を我慢出来ない人々が生みだした傑作料理。
クリームソースレモン風味をかけていただきます。

           ポテトサラダ
c0366192_15511687.jpg
角切りにしたピクルスを加えるのがポイント。トマトを飾ると彩りも鮮やかに。

          アスパラのリゾット
c0366192_15511059.jpg
米は無洗米、新米より古米がよく、基本的に芯が残るアルデンテになるように調理する。だしはブイヨンではなく顆粒スープの素を使うのであっさりした味が特徴。塩加減が重要です。

            ライスプディング
c0366192_15513922.jpg
プディングは通常卵を加え型に入れて蒸すかオーブンで蒸し焼きにしますが、このレシピは冷やして固めるやり方です。トッピングにブルーベリーとレモン汁を加えたブルーベリーソースをかけ、ミントの葉を添えました。

        りんごとクリームチーズのグラタン
c0366192_15514160.jpg
デザートにもおやつにも、朝食にもむく一品。熱くても冷たくても美味しい。
c0366192_15513927.jpg
音楽家たちの食卓シリーズは8月は夏休みです。第4回ドビュッシーは9月1日を予定しています。

[PR]
by sumiasahi | 2016-07-12 16:16 | 料理教室 | Comments(0)

橋本陽一さんをしのぶ会でスリランカ料理を作りました

c0366192_17300825.jpg
菅平(峰の原)のロッジアボリアで7月2日に開催された「橋本陽一さんをしのぶ会」に行ってきました。
c0366192_17312623.jpg
昨年12月26日に他界した陽一さんがオーナーだったAVORIAZには、東京、妙高、戸隠、遠くは北海道などから、陽一さんの死を悼む大勢の人たちが集まり、みんなで陽一さんの思い出を語りました。
陽一さんは菅平にラグビーの練習に来るラガーや取材人たちの間で有名な人でした。彼の人柄と陽一夫人のマリ子さんの料理のファンだったエディー・ジョーンズさんは、ラグビー日本代表の合宿の打ち上げに、いつもアボリアを会場に選んだそうです。あの平尾誠二さんもアボリアの常連でした。
c0366192_17315180.jpg

懐かしい人たちとの再会、AVORIAZファン(陽一さんファン)だった方々との新しい出会いもありました。20代後半から30代半ばまで、スキーシーズン中はほぼ毎週通ったAVORIAZには、楽しい思い出がいっぱい!陽一さんがいないAVORIAZなんて信じられず落ち込みそうになったけど、「おスミ、メソメソしてんじゃないよ!ぱあ~っと飲んで飲んで!」って陽一さんの声が聞こえてきそうでした。

c0366192_17313584.jpg

c0366192_09293382.jpg
この会に合わせたように、例年より1週間早く、お庭の花々が満開となり、薔薇の香りがお部屋を包み込んでくれました。

c0366192_17314076.jpg
c0366192_17314638.jpg
橋本陽一夫人のマリ子さんからの依頼で、当日はスリランカ料理を9品作り、集まってくださった方々に味わっていただきました。皆さんのお口に合うかどうか心配だったのですが、大好評でとても嬉しかった!陽一さんにも一緒に食べて欲しかった!
c0366192_17315736.jpg
陽一さんの後を継いだ現在のオーナーは三男の大ちゃん。これからのラグビーシーズン、超忙しいと思うけど、マリ子さんと二人で頑張ってね!
c0366192_17301705.jpg
去年のちょうど今頃訪問した時、まだ元気だった陽一さんとマリ子さんと主人と一緒。いい記念になりました。


[PR]
by sumiasahi | 2016-07-05 09:40 | | Comments(0)