食と文化のコミュニティサロン
by Sumi Asahi
カテゴリ
全体
ご案内
料理教室
スリランカ
カルチャー

お菓子作り
パーティ
お問い合わせ
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
お気に入りブログ
BasketにWineを...
最新のコメント
ご参加、ありがとうござい..
by sumiasahi at 10:51
どれも素晴らしい♪ライム..
by Sanae at 21:02
> Sanae Mさん ..
by sumiasahi at 16:42
素敵なblog開設おめで..
by Sanae M at 16:53
メモ帳
最新のトラックバック
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
マリンバの魅力とマリンバ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
婦人画報でお教室を紹介してい..
at 2017-04-24 10:25
イタリア料理教室 開催しました!
at 2017-04-21 17:08
4月のスリランカ料理教室のご案内
at 2017-04-14 16:50
イタリア家庭料理教室のご案内
at 2017-04-03 17:23
メキシコ家庭料理教室 開催し..
at 2017-03-29 16:17
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


婦人画報でお教室を紹介していただきました!

現在発売の婦人画報5月号の別冊「夢の料理教室」で、私のスリランカ料理教室を紹介していただきました。私のサロンでタイ料理教室をやっていただいている鈴木佳代子さんも紹介されています。本屋さんに立ち寄ったら、ぜひご覧になってください♡

c0366192_10180600.jpg
c0366192_10181460.jpg


[PR]
# by sumiasahi | 2017-04-24 10:25 | Comments(0)

イタリア料理教室 開催しました!

約30年にもおよぶイタリア滞在から一昨年に帰国されたイタリア料理の達人、金子尚美さんを講師にお迎えし、オリーブオイルを活かしたイタリア家庭料理を教えていただきました。

c0366192_16431573.jpg
イタリア料理に欠かせないオリーブオイル。イタリアでは3000年前からオリーブオイルが人々の生活にとけこんでいて、料理にはもちろん、赤ちゃんの離乳食や、病後の栄養食として欠かせない存在です。良質な脂質であるエキストラバージンオリーブオイルは赤ワインと並んで最高の自然健康食品と言われており、心臓疾患やメタボリック症候群のリスクを減らす効果もあり、 美味しくてヘルシーな「自然からの贈り物」です。
c0366192_16375472.jpg
今回、尚美さんの友人でトスカーナ エトスカーナを経営する栗木雅史さんに最高級のオリーブオイルを提供していただき、6種類の上質なエキストラバージンオリーブオイルのテイスティングもさせていただきました。

*前菜*
トマトのみのシンプルブルスケッタ
Bruschetta
c0366192_16393021.jpg
パテをぬる場合はバケットを薄く切りますが、ごろっとしたチェリートマトをのせるので、1.5cm~2cmぐらいの厚みが必要。バケットは油をひかずにテフロンのフライパンで温めます。トースターで焼くよりも、外側がカリッと、中はふかふかになり、このふかふか部分にしみ込んだオリーブオイルが美味!

*プリモ*
マンマ・モニカのパスタ
PASTA ALLA MAMMA MONICA - Spaghetti con olive ecapperi -
c0366192_16392541.jpg
栗木さんの奥様直伝のパスタ。みじん切にしたグリーンオリーブとケッパーの塩漬けをオリーブオイルで和えたソースをパスタと混ぜ合わせただけと、とっても簡単なのに、とっても美味しい!

カルトッチョ
PASTA CALAMARATA AL CARTOCCIO
c0366192_16391225.jpg
カラマラータとイカの紙包みパスタ。カラマータはイカを輪切りにした形のパスタですが、あまり売っていないので、ペンネ・リガータやパッケリ、もしくはディチェコの太いNo.12かリングイーネ等の茹で時間が長めのしっかりしたパスタでもOK。
c0366192_16374671.jpg
c0366192_16390379.jpg
クッキングペーパーで包んでオーブンで焼くので、ゆで時間は指定よりも3~4分短く。
c0366192_16385707.jpg
頂く時にオリーブオイルをかけると、さらに美味しさが増します。お皿にもったら、写真を撮るのも忘れて完食してしまいました!みんな大好き!

*セコンド*
白身魚の塩釜焼き
PESCE ALLE ERBE IN CROSTA DI SALE
c0366192_16381091.jpg
イタリアのママたちの手抜きお魚料理だそうだけれど、結構手が込んでいます。魚は塩とすりおろしたレモンの皮と細かく刻んだハーブ類を混ぜ込んだ塩メレンゲで覆います。
c0366192_16384748.jpg
魚の開いたお腹にもレモンの皮と細かく刻んだハーブ類を詰めておきます。
c0366192_16384086.jpg
c0366192_16383316.jpg
今回は大人数だったので、オーブンだけでは間に合わず、ガスレンジのグリルとオーブントースターの3か所で焼き上げましたが、昼のクラスはグリル、夜のクラスはオーブントースターが美味しく出来上りました!
c0366192_16381702.jpg
レモンがない場合は夏ミカンや柚子でもOK。ハーブ類は今回はセージ、イタリアンパセリ、ローレル、ローズマリーを使いましたが、お好きなハーブ、何でもOKです!
c0366192_16372468.jpg
付け合わせのお野菜は尚美さんが葉山で仕入れてきて下さったフィノッキオ。英語だとフェンネル、日本語はういきょう。日本ではまだあまり馴染みがありませんが、ヨーロッパではポピュラーな野菜の一つです。茎の部分はセロリのような食感でちょっと癖のある味です。針のような葉の部分はハーブとしてサラダやスープに使ったり、種は香辛料としてカレーに使いますし、化粧品にも利用されるそうです。
c0366192_16391922.jpg
白く膨らんだ根元部分は、細くスライスして電子レンジで少し温めて、オリーブオイルと塩をかけて、柔らかい芯の部分は細くスライスして生でいただきました。大好き!

*ドルチェ*
チャンベッラ トスカーナ風
Ciambella
c0366192_16380207.jpg
栗木さんの奥様のモニカさんのお母様のレシピで作った素朴な味のイタリア伝統菓子。地域や家庭によって様々な作り方があり、ドーナツのような形に作る地域もあるそうです。

限定生産 120 本の“O di Olio
c0366192_16373726.jpg
フィレンツェ在住でイタリア政府公認オリーブオイル鑑定士
の栗木さん自慢の日本初上陸、トスカーナ産“O di Olio”2016年秋収穫エキストラバージンオリーブオイル)は、JOOP国際オリーブオイル・コンテストでダブル優勝の最高グレードオイルを独自にブレンドして生まれた、オリジナルブレンドの希少オイル。こんなに美味しいオリーブオイルを経験したら、他のオリーブオイルが使えなくなっちゃう。。。

c0366192_16372981.jpg
ワインはお手頃価格で尚美さん最近のお気に入り。Feudo ArancioGRILLOINZOLIAの白ワイン2種類。
c0366192_16393743.jpg
Omi-chan, grazie mille!


[PR]
# by sumiasahi | 2017-04-21 17:08 | 料理教室 | Comments(0)

4月のスリランカ料理教室のご案内

春爛漫!今年の桜もきれいでしたね。
日に日に暖かくなり、一斉にいろいろな花々をが咲き誇っているので、お買い物に行く足取りも弾んできます!

さて、今月もスリランカ料理教室を開催します。
メインはカレーの定番チキンカレーですが、今回はアユルヴェーダの知識に従ったアンチエイジングレシピで調理します。スパイスとチキンの組み合わせは瞳をイキイキ輝かせる効果もあると言われています!

日時:
昼のクラス 4月27日(木)11001400
夜のクラス 4月27日(木)18302130
講師:旭 朱美
場所:Al Salone di Sumi
会費 : 5000
*エプロンを持参してください。

<メニュー>

- 薬膳チキンカレー(ククルマスカリヤ)
- キャベツのスパイシーホットサラダ(ゴーワーコラマッルン)
- 空芯菜炒め(カンクンマッルン)
- レンズ豆のカレー(パリップ)
- 玉ねぎのサンボール(カッタサンボール)
- ココナツサンボール(ポルサンボール)
- ターメリックライス(カハバット)
- セイロンティー

皆さんにお目にかかれるのを楽しみにしています!



[PR]
# by sumiasahi | 2017-04-14 16:50 | ご案内 | Comments(0)

イタリア家庭料理教室のご案内

4月は、約30年にもおよぶイタリア滞在から一昨年に帰国されたイタリア料理の達人、金子尚美さんを講師にお迎えしオリーブオイルを活かしたイタリア家庭料理を教えていただきます。
イタリア人も太鼓判を押す尚美さんの美味しいお料理の秘訣を一緒に教えていただきませんか?

日時:
昼のクラス 4月18日(火)11001400
夜のクラス 4月18日(火)18302130
講師:金子尚美
場所:Al Salone di Sumi
会費 : 6000
*エプロンを持参してください。

<メニュー>

前菜
ブルスケッタ
プリモ
マンマ・モニカのパスタ
(グリーンオリーブとケッパーの塩漬けをベースにした簡単パスタ)

カルトッチヨ(イカとチェリートマトのパスタの紙包み焼き)
セコンド
白身魚の塩釜焼き(イタリアのママたちの手抜きお魚料理)
春野菜の付け合わせ
鎌倉/葉山のその日のお野菜
ドルチェ
チャンベッラ(トスカーナのマンマの焼き菓子)
イタリアの白ワイン

*当日は、尚美さんお薦めのオリーブオイルのテイスティングも行いますので、お楽しみに。

皆さまのご参加をお待ちしています!


[PR]
# by sumiasahi | 2017-04-03 17:23 | ご案内 | Comments(0)

メキシコ家庭料理教室 開催しました

今月は久しぶりに堅田ベロニカ美希さんを講師にお迎えし、メキシコ家庭料理教室を開催しました。

c0366192_15533782.jpg
日本でメキシコ料理と思われているチリコンカーンやファヒータ、ブリトー、U字型にまげて揚げたタコスなどは、実はメキシコ料理ではなく「Tex-Mex(テックスメックス)」と呼ばれるメキシコ風アメリカの料理。和食よりも早く2010年にユネスコの「食の無形文化遺産」に登録されているメキシコ料理にメキシコ人は誇りを持っているので、Tex-Mexをメキシコ料理と思われることはとても不本意のようです!
c0366192_15544362.jpg
美希ちゃんが作るメキシコの家庭料理は野菜がたくさん、バランスも良く、いつも本当に美味しい!食文化や地域によって異なる料理の話などもとっても勉強になりました!

ユカタン風スープ Sopa de Lima
c0366192_15535912.jpg
ユカタン地方でよく食されるマヤの名物料理で、南国らしくさっぱりした味わいの香り高いスープ。大好きです!メリダやカンクンに行くと、いつも必ず注文していました!本来はリマという、香りがとても良く、酸味の少ない薄い黄色の柑橘系のフルーツを使いますが、メキシコ国内でもユカタン半島以外では入手困難なので、キーライムとグレープフルーツを合わせて、ほぼ同じ香りと味に仕上げます。キーライムは日本でもネットショップなどで購入可能です。

緑のエンチラーダス Enchiladas Verdes

c0366192_15532982.jpg
朝食にもランチも夕食にも大人気!主食にもサイドディッシュにもなります。赤いソース(サルサロハ)や、チーズをのせてオーブンで焼くEnchiladas Suizasが日本でも知られていますが、地域によって包む食材とソースが異なるため、300種類以上もあるそうです。15世紀に出来た料理と伝えられています。
c0366192_15542058.jpg
c0366192_15541345.jpg
緑のエンチラーダスはさっと揚げたタコをたっぷりのグリーンサルサソースにくぐらせ、細かく割いた鶏肉をのせて巻き、皿に盛ってから更にサルサソースをかけ、サワークリーム、玉ねぎ、コリアンダー、カッテージチーズなどをちりばめていただきます。あっさりした辛さと酸味、いくらでも食べられちゃいそうで危険です!
c0366192_15542745.jpg
グリーンサルサソースは緑のトマトで作りますが、日本では緑のトマトがなかなか入手できないので、市販のソースを使いました。2800mlとビッグサイズの缶。オムレツなどいろんな料理に合うし、ミートボールを煮込むソースにも使えるし、余ったら冷凍保存が可能です。

メキシコ風チポトレ・ミートボール Albondigas en Chipotle
c0366192_15534459.jpg
チポトレのコクのある辛さがアクセントになるメキシコ風ミートボール。ミートボールはヨーロッパから入ってきたレシピーですが、メキシコ原産のトマトとチポトレソースで煮込むことで、より美味しく、深みのある料理になりました。ひき肉を丸める時に真ん中に8等分に切った茹で卵を入れます。
c0366192_15543432.jpg
唐辛子を燻製にしたチポトレ。この独特の香りはくせになりそうです。

ズッキーニのメキシコ風炒め Calabacitas a la Mexicana
c0366192_15540556.jpg
一般的な家庭料理。様々な料理に添えられ、どんな料理とも相性がいい。ズッキーニ、とうもろこし、唐辛子とトマトはメキシコ原産の野菜ですが、アジアやアフリカからヨーロッパに渡りメキシコに紹介された玉ねぎとにんにくを組み合わせることで、この料理が完成しました。

ひよこ豆のサラダ
c0366192_15532168.jpg
このサラダも一般的ですが、ひよこ豆のサラダを良く食べる家庭と、外でしか食べない家庭に分かれます。ひよこ豆の味にアクセントを入れたい場合は、事前に酢漬けにすると美味しい。ひよこ豆はトルコからヨーロッパに渡り、メキシコに入りました。現在ではスープやサラダの食材として、一般的な食材です。

春のライス Arroz Primavera

c0366192_15535121.jpg
どんな料理とでも相性がいい白いピラフです。中国からヨーロッパに渡ったお米は、コロンブスがアメリカ大陸に持ってきました。メキシコでは主食はコーンで、スペイン人が麦とパン、その後フランス人がさらにパンを広めました。お米は様々な食材と相性がいいので、今日では、どの家庭でも重宝されています。


c0366192_15531463.jpg

Muchas gracias,Miki-chan! Todo fue muy delicioso!



c0366192_15530692.jpg
幼馴染の美砂ちゃんが、メキシコをイメージしたこんな素敵なアレンジメントを持って来てくれました。



c0366192_15525892.jpg
夜のクラスに参加してくれた服部真湖さん手作りのかわいいプチケーキ。食べちゃうのがもったいなかった!

c0366192_16013294.jpg
<堅田ベロニカ美希さん プロフィール>

メキシコ生まれの日系三世。

メキシコ政府観光局日本事務所に5年間勤務。最後はアジア太平洋諸国代表。

メキシコ観光をプロモーションしているうちに、メキシコの食文化の素晴らしさ再認識。

祖母と一緒に子供の頃から作っていた料理の奥深さを伝えたいと、チャンスを作っては、メキシコ料理を披露している。

現在は、ご主人が経営する()オーシャンドリームのオペレーション・ディレクターとして、世界のユニークな小型客船でのクルーズを紹介している。


[PR]
# by sumiasahi | 2017-03-29 16:17 | 料理教室 | Comments(0)

教室に興味を持ってくださった方へ

お教室の参加は友人とその友人のお友達が基本です。公募はしていませんが、このブログを見て興味を持ってくださった方は歓迎します!

*参加ご希望の方は、1)お名前、2)メールアドレス(携帯&PC)、3)携帯電話番号、4)簡単なプロフィール 5)ご希望の内容を
sumiasahi3@gmail.com まで お知らせください。

*参加費:スリランカ料理教室:5,000円、それ以外は6,000円。

*参加費は、初回のみ、5日前までに銀行振り込みでお願いします。2回目以降は当日のお支払いです。

*1回の定員は8名程度

*サロンの場所は杉並区内。最寄駅は丸ノ内線の新高円寺です。自宅での開催なので、参加のお申込みをくださった方に追ってご連絡いたします。

**スリランカ料理教室:
2名様からのプライベート教室、また、ご指定の場所(都内)への出張教室も承ります。日時、メニュー、料金(お一人:6000円~10,000円)は、ご相談の上決めさせてください。

c0366192_15513818.jpg





[PR]
# by sumiasahi | 2017-03-13 15:33 | お問い合わせ | Comments(0)

メキシコ料理教室開催のご案内

今月は久しぶりに堅田ベロニカ美希さんを講師にお迎えし、メキシコ料理教室を開催します。
和食よりも早く2010年にユネスコの「食の無形文化遺産」に登録されたメキシコ料理を教えていただきましょう!

日時:
昼のクラス 3月24日(金)11001400
夜のクラス 3月24日(金)18302130
講師:堅田ベロニカ美希
場所:Al Salone di Sumi
会費 : 6000
*エプロンを持参してください。

<メニュー>

・ユカタン風スープ
・緑のエンチラーダス
・メキシコ風ミートボール
・ズッキーニのメキシコ風炒め
・ひよこ豆のサラダ
・ライス
・メキシコのビール

<堅田ベロニカ美希さん プロフィール>
メキシコ生まれの日系三世。
メキシコ政府観光局日本事務所に5年間勤務。最後はアジア太平洋諸国代表。メキシコ観光をプロモーションするうちに、メキシコの食文化の素晴らしさを再認識。祖母と一緒に子供の頃から作っていた料理の奥深さを伝えたいと、チャンスを作っては、メキシコ料理を披露している。
現在は、ご主人が経営する()オーシャンドリームのオペレーション・ディレクターとして、世界のユニークな小型客船でのクルーズを紹介している。


[PR]
# by sumiasahi | 2017-03-10 10:40 | ご案内 | Comments(0)

第1回紅茶セミナーを開催しました

c0366192_16091653.jpg
昔からコーヒーよりも紅茶が好き。最近は美味しい紅茶を飲めるお店がようやく増えてきて、色付きのお湯を出されてがっかりすることが減ってきました。美味しい紅茶の淹れ方をきちんと習いたい人って結構いるのでは・・・と以前から企画したかった念願の紅茶セミナー。ようやく良い先生と知り合えたので、開催することができました。
c0366192_16102036.jpg
講師をお願いしたのは、「美味しい紅茶で楽しい毎日を☕🎶」をモットーに、日々、紅茶活動に熱中している安斎直子さん(日本紅茶教会認定ティーインストラクター)。
c0366192_16092806.jpg
c0366192_16092273.jpg
何種類もの紅茶をたっぷり試飲させていただき、沢山のためになる紅茶のお話をきかせていただき、とっても楽しいセミナーでした。
c0366192_16103780.jpg
これはノーベル賞の授賞式の晩餐会時に使われているセーデルブレンドティーです。とても香りのいいフレーバーティでした。

     紅茶の基礎知識
c0366192_16093657.jpg
お茶の木は、学名 「カメリア・シネンシス」 と言われる椿科の常緑樹。その原産地は中国大陸の西南部、雲南省の山岳地帯を中心とする温暖多雨な地域だとされています。緑茶も紅茶も烏龍茶も、同じお茶の樹の新芽(一芯二葉)を摘んで加工したものですが、その製法が大きく異なり、また、緑茶・紅茶・烏龍茶それぞれがに適した品種・栽培管理があるそうです。

     美味しい紅茶の淹れ方
c0366192_16201636.jpg
ゴールデンルールを守りましょう!ティーポット、茶葉の量、お湯の温度、蒸し時間。そして組み立ての水(空気を多く含んだ)を使いましょう!

      世界3大銘茶の試飲(テイスティング)
c0366192_16114127.jpg
ダージリン、ウバ、キーモン、それぞれまったく香りも味わいも異なるけど、全部好き!
c0366192_16095174.jpg
     自分で淹れた紅茶でお茶会
c0366192_16121838.jpg
直子先生が作ってきたくださったイングリッシュマドレーヌ、ガトーショコラ、それからダージリンかりんとうや、桜の花びらのおせんべいなどのお菓子をお伴に、自分たちで淹れた紅茶を味わいながらのおしゃべりタイムがいつまでも続きました!
c0366192_16120569.jpg
c0366192_16115849.jpg
c0366192_16095849.jpg
    直子先生が用意してくださった紅茶のお土産
c0366192_16100523.jpg
<安斎直子さんのプロフィール>
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
紅茶教室「Tea Drops 」を主宰
「紅茶とアンティークの基礎を学ぶ」自宅セミナー他、外部セミナー講師経験も豊富
クィーンズフィニッシングスクールにて佐藤よし子先生に師事
英国式テーブルセッテングプロフェッショナルコースディプロマ取得
アフタヌーンティークラスディプロマ取得
InfuseteaLondon スチュワート麻子先生に師事
英国菓子を英国菓子研究家杉本悦子先生に師事
-------------------------------------------
第2回紅茶セミナーは5月に春のお茶会、3回目は6月か7月にアフタヌーンティーを予定しています。


[PR]
# by sumiasahi | 2017-02-28 16:49 | 料理教室 | Comments(0)

スリランカ料理教室のご案内(2月&3月)

先月のスリランカ料理教室に参加できなかった方からのリクエストにお応えし、1月と同じメニューで2月と3月にも開催することにしました。
土曜日にも開催しますので、ぜひご参加ください!

日時:
2月15日(水)11001400 & 
18302130
3月4日(土)18002100
講師:旭 朱美
場所:Al Salone di Sumi
会費 : 5000
*エプロンを持参してください。

<メニュー>
- ブリの酸味煮(スドゥールテルヴィナキリ)
- 里芋のカレー(ガハラマールワ)
- きのこのカレー炒め(ハトゥバドゥマ)
- 人参のサラダ(キャロォトサラーダャ)
- 青菜のマァルン(ムクヌワンナマァルン)
- ココナツサンボール(ポルサンボール)
- ターメリックライス(カハバット)
- スパイシーココナツカスタード(ワタラッパン)
- スパークリングワイン

- セイロンティー

1月のお教室の報告で、どんな料理を作るかご覧になってください!

http://salonesumi.exblog.jp/26366356/




[PR]
# by sumiasahi | 2017-02-08 10:32 | ご案内 | Comments(0)

スリランカ料理教室 開催しました!

2017年最初のお教室は、私が講師のスリランカ料理教室。

c0366192_16404862.jpg

毎日カレーを食べるスリランカでは、その種類はとても豊富です。スパイスやハーブを多用し、野菜をたくさん食べるので、とってもヘルシー。お皿に平たく盛ったご飯の上に数種類のカレーを載せ、混ぜ合わせながら、色合い、香り、そして、味のハーモニーを楽しみながらいただきます。

     ブリの酸味煮
     スドゥール テル ヴィナキリ

c0366192_10320506.jpg
スリランカ特有のスパイス、ゴラカを使います。木の実を乾燥させたものです。
c0366192_16405637.jpg
魚の身をやわらかくしたり、酸味づけに用いますが、最近ではダイエットフルーツとして人気が出てきているようです。ゴラカは最近では新大久保の食材屋さんで入手できるようになりましたが、梅干しやお酢で代用できます。

        里芋のカレー
        ガハラ マールワ

c0366192_16390463.jpg
スリランカにも日本とよく似た里芋があります。ココナツミルクで煮込んだ里芋のカレーは優しい味が好評でした。最後にローストしたカレーパウダーを振りかけます。カレーパウダーは数種のスパイスを乾燥させて調合し、粉にしたもの。ローストしたものとローストしていないカレーパウダーの2種があり、基本はクミンシードとコリアンダーシード。混合するスパイスやハーブの種類、量、組み合わせが各家庭によって千差万別だし、料理によって異なるものを用意しておく場合もあります。

        きのこのカレー炒め
        ハトゥ バドゥマ

c0366192_16382404.jpg
これはスリランカ料理ではありませんが、日本在住のスリランカ人に教えていただいたレシピです。

      人参のサラダ
      キャロォト サラーダャ

c0366192_16383191.jpg
人参の千切りを沢山作るのが大変ですが、頑張ってできるだけ細くせん切りにすると、シャキシャキした食感がとってもいいい!ココナツファインと人参の甘みがとても美味しいです!

       青菜のマァルン
       ムクヌ ワンナ マァルン
c0366192_16381786.jpg
青菜とココナツファインの炒め物。小松菜を使いましたが、大根や蕪の葉などでもOK!


       ココナツサンボル
       ポル サンボル
c0366192_16383918.jpg


スリランカ料理に不可欠。鰹節を使います。スリランカではウンバラカダと言い、ほとんどがモルディブ産なので、モルディブフィッシュとも呼んでいます。日本の鰹節と違ってカビ付け工程がないので、日本のものほど固くありません。

c0366192_16401978.jpg

すり鉢で玉ねぎ、塩、胡椒、鰹節、チリパウダー、パプリカをゴリゴリすり潰します!


      ターメリックライス
      カハ バット

c0366192_16385549.jpg
日本と同様にスリランカでもコメが主食。種類、炊き方は日本と異なり、炊くというより茹でるような調理法ですが、今回はカルダモン、クローブ、ターメリックを入れたジャスミンライスを炊飯器で炊きました。


     スパイシーココナツカスタード
     ワタラッパン
c0366192_16401202.jpg
ココナツミルク、ココナツシュガーを使ったプリン。本当はジャガリ(ココナツの花茎から採った樹液を煮詰めて作る椰子糖)を使うのですが、入手できないので、タイ産のココナツシュガーを使いました。それも手に入らない場合は黒砂糖や蜂蜜でもOK。カシューナッツとめちゃくちゃ相性がいいのです!一緒に食べるとさらに美味!

      今回使ったスパイス&ハーブ
c0366192_16410287.jpg
こんな風に盛り付けて、いただきます。
c0366192_10313584.jpg



[PR]
# by sumiasahi | 2017-01-31 17:18 | スリランカ | Comments(0)